短期バイト?長期バイト?

短期バイトの利点とは

短期バイトの利点は、辞める日が決定している部分です。辞める日が決定しているということは、次の仕事の予定を立てることができるので色々な経験をしたい方にとって良い働き方だと言えます。長期のバイトの場合、その仕事しか経験することはできませんし、すぐに辞めると経歴に傷がついてしまいデメリットです。
また、もし短期バイトをしてみて自分に合わない、人間関係を上手く形成できないなどのトラブルがあった場合は嫌になってしまいますが、辞める日が決まっているのである程度我慢できます。期間が満了さえすれば、極端に言えば二度と会うこともなくなるので割り切って仕事をすることができます。長期の場合は悩みながら勤務しないといけません。

長期バイトの利点とは?

長期バイトの利点は、経験を重ねるごとに色々な業務を覚えることができるので、働けば働くほど精神的に楽になる部分です。短期バイトの場合は、仕事を覚えたとしても結局辞めることになるので、キャリアを積み重ねることはできません。長期にバイトしてキャリアを積み重ねれば、色々な方から信頼されますし正社員への登用も現実味を帯びてきます。
人間関係の形成を上手くいくように努力しなければいけませんが、良好な人間関係を築くことができた場合は毎日何も問題が発生することなく気持ち良く働くことができます。人間関係で悩む方は意外と多いので、その部分を良好にできるか否かでは大きく違います。長期にバイトすることで、昇給も見込める場合があります。